敏感肌の原因はの1つに洗顔時の摩擦による刺激があります

化粧水でさえ刺激を感じる

私はもともと金属アレルギーがあり、ピアスやネックレスがつけられなかったり(赤くなったり、かぶれたりしてしまう)肌が丈夫なほうではなかったのですが、出産後肌質が変化したのかさらに敏感肌になってしまいました。

具体的には、リップグロスで肌が荒れたり(荒れるというより腫れてしまいました。

よっぽど合わなかったんだと思います)、化粧水でお肌が赤くなったり、場合によっては刺激を感じてヒリヒリしたりということが起こり始めました。

歳のせいというより、出産してからひどくなったという感じがするので出産が一番の原因だと思ってはいます。

いずれにしてもそれまでと同じケアではダメだ!と思い、化粧水などを敏感肌用のものに変え始めました。

洗顔方法が間違っていた

化粧水を敏感肌用に変えるのはもちろんですが、なんとかスキンケアで少しでも敏感肌を改善することができないか…と思いネットで色々調べてみたところ、私の今までのスキンケアはかなり間違っていたということがわかりました(汗)。

具体的には、洗顔はあまり泡立てずに洗っており、洗顔後もゴシゴシとタオルで拭く。

また、1日に何回も洗顔してしまう、などなど。

敏感肌にはとにかく刺激は禁物なんだそう。

また、洗いすぎもよくない、とのことで、洗顔は1日に1回のみ。

その代わり、時間をかけてしっかり泡をたて、その泡で優しく洗う、を心がけるようにしました。

また、顔をふく際もこすらないで優しく押し当てるような感じで拭くようにしました。

こういった正しいスキンケアを続けることで、お肌の調子も少しは落ち着くんじゃないかな…と期待していました。

擦らないようにすること

上記のようにお肌に刺激を与えないスキンケアを心がけるようになって1年ほど経ちました。

結果から言うと、ある程度敏感肌は改善させてきたように思います。

もちろん化粧水などのスキンケアコスメは基本的に敏感肌用のものを選んで使っているのですが、特に敏感肌用ではないアイクリームを最近使い始めましたが特にトラブルもありません。

また、洗顔後はしっかりと保湿もしているので、お肌はもっちり・しっとりとしてきたように思います。

お肌の調子はここ1年ずっと良いです。

今までのスキンケアがいかに間違っていたかを実感しています。

敏感肌にも限りませんが、お肌をこすらないというのはとっても大事なんだなぁと思っています。

以前はよくやっていた毛穴パックも刺激が強そうなので最近はやらなくなりました。


トップページ >> 敏感肌のために化粧水がしみるという方に合ったコスメやケア方法を提案

↑ PAGE TOP

サイトマップ