敏感肌のために化粧水がしみるという方に合ったコスメやケア方法を提案

40代頃から急にコスメが合わなくなった

若い頃のスキンケアって意外と何を使っても特に違いをかんじられなかったりするんですけど、年齢を重ねるにしたがって合わないコスメが増えてきて、どれを使ったらいいのかわからなくなってくるものです。

私も40代頃から急に普段使っている化粧水の効果を全く感じなくなり、徐々にピリっと痛みを感じるようになってしまいました。

最初は一時的に肌が荒れたりしているだけかと思って様子を見ていたんですが、何日たっても状況が改善されることはありあ線でした。

そこで、偶然その時に見たファッション雑誌のコスメ特集で自分が敏感肌であるということが分かったのです。

言葉だけは知っていましたが、まさか自分がなるなんて思ってなかったので驚きましたが、今のままだとお金をかけてスキンケアをしても肌に刺激を与えてしまうだけという状態でお金も手間もムダになってしまうので、どうにかして治したいと思いました。

お肌を守る力が弱くなっている

そもそもどうして普段使っている化粧品などで刺激を感じるようになってしまうのかというと、簡単に言えば肌を守る力が弱くなっているからなんです。

私たちの肌は当然ですが外側から異物が入り込まないようになっていますし、それに肌の水分が漏れないようにできています。

普段は全く意識しないことですが、実はすごく緻密な仕組でできているのです。

しかし、年齢とともに肌を作る能力が衰えてくるので、皮膚には水分が不足したりして、隙間だらけになってしまうのです。

そのような状態になるとちょっとしたことが刺激に感じたりするために、化粧水の成分などがしみるということが起きるようになるのです。

そのため、一度敏感肌になってしまうと、色々なことが刺激となって肌を傷め、さらに敏感になるという悪循環になってしまうのです。

そのため、必要なのは肌の防御力を正常な状態に戻してあげることなんです。

角質層のケアが必要

では、お肌の防御力を正常にするためには何をすればいいかというと、角質層を整えるということなんです。

角質層は肌の一番外側になる薄い皮で、この部分には水分と油分の両方が組み合わされて、うまく水分も油分も逃げないような形になっています。

加齢や間違ったケアをしてこの油分が不足すると、水分が逃げやすくなったり、本来は入ってこないような成分が侵入してしまうのです。

そのため、敏感肌になった時に不足している油分を補給してあげることが必要なんです。

ただ、油分なら何でもいいわけではなくて、肌にもともとある成分に近いものでなくてはいけません。

それがセラミドと言われるものなんです。

そのため、ただ化粧水や美容液を塗るだけでなく、セラミドを配合したものが必要になるのです。

実際に私が使ってよかったのが、セラミドの一種であるリン脂質を配合したラメラエッセンスという美容液です。(詳しくは ラメラエッセンス.jp

また、スキンケア以外にもターンオーバーを正常に整えることも忘れてはいけません。

このように、敏感肌を改善するには皮膚を本来の毛能な状態に戻すことが必要で、そのためには油分の補給、さらに皮膚の新陳代謝を高めることが重要だということですね。

これらのことを実現するための具体的な方法を紹介していきたいと思います。

↑ PAGE TOP

サイトマップ